蓮鉢でメダカを飼育 ベビーピンク

メダカ用の蓮鉢

蓮鉢にメダカを飼ってみることにしました。でも蓮鉢は大きなものになると高いです。

と言うことでプラスチックの蓮鉢風の鉢と飼育セットの初心者入門セットのようなものを購入してメダカの飼育にチャレンジです。

容器は23リットル水が入るようなので、そこそこの大きさあります。

メダカの飼育用、蓮鉢

セットにはカルキ抜き、水生植物の肥料、メダカの餌も付いてきます。これだけ付いてれば、あとはメダカを買ってくれば最低限飼育できそうです。

メダカを育てだす前日に水に土を入れて、カルキ抜きも入れて、安定させました。も~少し早めに準備してても良かったかもです。濁った水は1日でだいぶ沈殿して透明になってました。

14号 プロが考えた睡蓮鉢(メダカ鉢) ブラウン + スイレンとハスの土 6L(3L×2) + 固形栄養素 + カルキ抜き

メダカの飼育用セット内容

メダカ ベビーピンクを飼育

糸島の大きめの直売所「伊都菜彩」へ行って「伊都めだか苑」さんのメダカを買ってきました。スタンダードのメダカorヒメダカで良いかな?と思ってましたが品種改良したメダカしか居なかったので、悩んで子供と選んだのが、ベビーピンクと言う種類のメダカにしました。ネットで調べてみましたがあまり出回ってないメダカなのかな?固定率は高いみたいなので、単種で飼育してみます。運がよければ子供ができて増えてくれるといいですけどね。

糸島でメダカをベビーピンク

水にならすべく、しばらく容器のまま蓮鉢に沈めておきました。エアーポンプなしで飼育するので、メダカ1匹に対して2L-6Lくらいあると良いみたいですので、今回6匹のメダカを飼育してみることにしました。(書かれてる情報により一匹あたりに必要な水量のバラ付きが大きくて、あくまで目安かなと。)

浮草も買ってきましたが、水の立ち上げ環境や酸素補給も考えると水中で育つ水草が良いみたいですね。マツモ、アナカリスのような水草がメダカを育てるには手軽で良さそうです。

(水草)国産 無農薬マツモ(3本)

(水草)メダカ・金魚藻 国産 無農薬アナカリス ミニ素焼き鉢(1鉢)

メダカの水慣らし

ベビーピンクのメダカさんです。名前のように透き通ったような赤ちゃん肌のメダカさんです。

オマケでついてる水草はアナカリスみたいです。

赤ちゃん肌のメダカ

子供にもお魚さんってことで歓迎されて、メダカさんの飼育開始です。餌やりは子供のお仕事にしました。毎日続けられるかな。

軒下で、日がある程度あたるとこに鉢は置いてあげました。

メダカと子供

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. […] メダカの飼育日誌は、こちらで紹介してます。 […]