肝臓ケアのドッグフードを比較(Hills/ROYAL CANIN)

肝臓ケアやサポートのドッグフードを比較

抗がん剤を利用し続けてるパピヨン(あんず)ですが、肝臓値がかなり悪くなってます。

肝臓が持たないと抗がん剤も使えなくなるので、肝臓ケアやサポートのドッグフードを使用しています。

・Hills ヒルズ 犬用 l/d 肝臓ケア

・ROYAL CANIN 犬用 肝臓サポート

肝臓ケアやサポートのドッグフードを比較

それぞれのドッグフードの原材料は以下になってます。お値段的には自分が購入した時点でヒルズが2000円/1Kg、ROYAL CANIN 1500円/1kgです。

お安くないドッグフードですが、犬に少しでも良ければと思います。ネットで2袋毎に買えば量販店で買うよりは少し安く購入できます。

Hills ヒルズ 犬用 l/d 肝臓ケア

米、動物性油脂、全卵、大豆、パスタ、大豆ファイバ-、亜麻仁、肉蛋白抽出物、ミネラル類、植物性油脂、セルロ-ス、ビタミン類、アルギニン、タウリン、カルニチン

ROYAL CANIN 犬用 肝臓サポート

米、コーン、動物性油脂、大豆分離タンパク(消化率90%以上)、加水分解動物性タンパク、ビートパルプ、大豆油、植物性繊維、魚油、フラクトオリゴ糖、マリーゴールドエキス(ルテイン源)、アミノ酸類(DL-メチオニン、L-リジン、タウリン、L-カルニチン)、ミネラル類(Ca、K、Cl、P、Na、Zn、Fe、Mn、I、Se)、ビタミン類(コリン、E、C、パントテン酸カルシウム、ナイアシン、B6、B1、A、B2、ビオチン、葉酸、B12、D3、K3)、保存料(ソルビン酸カリウム)、酸化防止剤(BHA、没食子酸プロピル)

肝臓ケアやサポートのドッグフードを比較

最大ネックが小型犬には粒が大きいことです。

最初に「Hills ヒルズ 犬用 l/d 肝臓ケア」を購入して粒が大きいなと思って、「ROYAL CANIN 犬用 肝臓サポート」を購入しましたが、概ね同じサイズでした。

Hills ヒルズ 犬用 l/d 肝臓ケアの方が、少しウエットな感じで、うちのあんず(パピヨン/犬)には評判良いです。

抗がん剤で副作用でてるときには、どちらも食べませんが、少し食べる気がでてきたくらいからはHills ヒルズ 犬用 l/d 肝臓ケアの方が多少食いが良いかな程度の差ですが。

抗がん剤から回復してしまえば、どちらも粒がデカイなーとは思ってるかもしれませんが、よく食べます。

今の価格などは以下を見てみてください。

■Amazon

ヒルズ 犬用 l/d 肝臓ケア ドライ 1kg

ロイヤルカナン 療法食 犬用 肝臓サポート ドライ 1kg

■楽天

【ヒルズ】 犬用 l/d 1kg 肝臓ケア 【療法食】

ロイヤルカナン 食事療法食 犬用 肝臓サポート ドライ 1kg

「Hills ヒルズ 犬用 l/d 肝臓ケア」と「ROYAL CANIN 犬用 肝臓サポート」の粒の大きさ比較

肝臓値と癌の推移

前々回の抗がん剤で副作用がかなりでてしまいましたが、今はだいぶ元気です。お散歩も普通に行けています。

癌(肺癌)自体はレントゲンでは見えなくなりました。副作用が大きく出たので5回目、6回目の抗がん剤は7割に量を減らしていますが、上手くコントロールできているみたいで、良かったです。

肝臓値も以下な感じで回復中です。これ以外の値は基準値内です。

・ALT 590U/L⇒208U/L(基準値:10-125)

・ALKP 358U/L⇒183U/L(基準値:23-212)

パピヨン/犬、元気です

関連記事:

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする